会社四季報ONLINE 利用ガイド

一目雲

一目山人氏(本名細田悟一)が考案したテクニカル分析で、「基準線」「転換線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」の5つの線をローソク足チャートに書き込む。「先行スパン1」と「先行スパン2」の間を「支持帯/抵抗帯」と呼び、塗りつぶした支持帯/抵抗帯が「雲」のように見えるのが特長。

5つの線の交差や雲との関係などで、売買タイミングを計ります。売買サインとして「転換線が基準線を上抜け」「遅行スパンがローソク足を上抜け」「ローソク足が雲を上抜け」の3つが揃う「三役好転」が代表的ですが、そのほかにもさまざまな読み方があります。

5つの線の計算式は以下の通りです。

・基準線
過去26本の最高値と最安値の中心(平均)

・転換線
過去9本の最高値と最安値の中心(平均)

・先行スパン1
基準線と転換線の中心(平均)を、26本先に先行したもの

・先行スパン2
過去52本の最高値と最安値の中心(平均)を、26本先に先行したもの

・遅行スパン
終値を26本前に遅行したもの