会社四季報ONLINE 利用ガイド

売上高

会社がその活動で稼いだおカネの総額。「売上高=個数×単価」で算出されます。売上高を増やすには、販売個数を増やすか、単価を上げる必要があります。会社を分析する際には、どちらの要因で売上高が変動しているかを確認することが大切です。また、一定期間の増減率推移を見れば会社の成長性を確認できます。
会社四季報オンラインでは、決算短信に記載がある場合に、各決算期間の売上高=営業上の収益を掲載しています。売上高の中には小売業などのその他営業収益を含んでいます場合があります。業種・業態によって売上高の内容を変えています。

営業収入:コンビニなど

営業収益:信販・証券・証券金融・証券代行・商品先物取引業など

経常収益:銀行・生命保険会社・損害保険会社など

連結決算の場合、その他営業収益を含むことがあります。連結決算を開示しています場合、連結決算の数値を収録しています。

会社四季報オンラインのスクリーニングでは、前期、今期(最新の東洋経済予想と会社予想ベース、紙版の『会社四季報』最新号に掲載した東洋経済予想と会社予想ベース)、来期(最新の東洋経済予想、紙版の『会社四季報』最新号に掲載した東洋経済予想)の7つの売上高(単位は億円)について、任意の数値を設定して銘柄を検索できます。

予想数値は決算発表に伴い決算年月が1年進むタイミングにおいては、値がないケースがあります。また、紙版『会社四季報』最新号の数値は、『会社四季報』発売後に本決算期末が到来した場合でも収録値は変更されず、決算時点が1期前のものとなります。